• HOME > 
  • JavaScript > 
  • JSでチェックボックスの全選択全解除を行う方法【すべて選択】

JSでチェックボックスの全選択全解除を行う方法【すべて選択】

投稿日:

このページにはGoogleアドセンス広告とアフィリエイト広告が含まれています。

カテゴリー記事のアイキャッチ画像
広告
広告

ワンクリックでチェックボックスの全選択や全解除をできるようにする

フォームのチェックボックスの数が多いときにあると便利な、ワンクリックで全選択や全解除できる機能をJavaScriptで作る機会があったので、その方法を備忘録として残しておきます。

実装したのは、「すべて選択」にチェックを入れると、文字通りすべてのチェックボックスにチェックが入り、反対に「すべて選択」のチェックを外すと、すべてのチェックボックスのチェックが外れるという仕様です。

完成イメージは以下の通りです。

JSによるチェックボックスの全選択全解除のイメージ

サンプルコード

先ほどのサンプルのソースコードを記載します(不具合がない保証はできませんのでご容赦ください)。

HTMLの例

まずはHTMLです。

5行目フォームのパーツとは切り離して、全選択(全解除)用のチェックボックスを用意しています。

この要素にonchange属性を設定し、ユーザーがチェックを入れたり外したりするたびにJavaScriptによる処理が発火するようにします。引数に「this.checked」を指定することでチェック状態(true/false)を関数に渡してます。

9行目フォーム内のチェックボックスに関しては特別なことはせず、通常のチェックボックスを並べているだけです。

HTML

<div id="test">
    <ul>
        <li>
            <label>
                <input type="checkbox" onchange="checkClear(this.checked)">すべて選択
            </label>
        </li>
    </ul>
    <form method="post" action="">
    <ul>
        <li>
            <label>
                <input type="checkbox" name="myCheck" value="">東京都
            </label>
        </li>
        <li>
            <label>
                <input type="checkbox" name="myCheck" value="">埼玉県
            </label>
        </li>
        <li>
            <label>
                <input type="checkbox" name="myCheck" value="">千葉県
            </label>
        </li>
        <li>
            <label>
                <input type="checkbox" name="myCheck" value="">神奈川県
            </label>
        </li>
        <li>
            <label>
                <input type="checkbox" name="myCheck" value="">茨城県
            </label>
        </li>
        <li>
            <label>
                <input type="checkbox" name="myCheck" value="">栃木県
            </label>
        </li>
        <li>
            <label>
                <input type="checkbox" name="myCheck" value="">群馬県
            </label>
        </li>
    </ul>
    </form>
</div><!--end test-->

JavaScriptの例

続いてはJavaScriptのソースコードです。

HTML側で用意したonchange属性によって発火する関数を作成します。

1行目引数「checked」は全選択用チェックボックスのチェック状態を「true」か「false」で受け取ります。

2行目JSで操作するチェックボックスをセレクターで指定します。

3行目全選択用チェックボックスのチェック状態に応じた条件分岐で処理を書きます。「true」は全選択のチェックを入れた時なので全選択にする処理、「false」は全選択のチェックを外したタイミングなのですべてのチェックを外す処理を用意します。

4行目チェックボックスの個数分ループを使います。「n」個目のチェックボックスの「checked」を「true」に設定することでチェック状態にできます。

6行目最後に、全選択のチェックを外した時の処理(すべてのチェックを外す)も用意します。4行目と同様にループを使い、今度は「checked」を「false」にしてチェックを外すようにしています。

JavaScript

function checkClear(checked){
    var checkbox =document.querySelectorAll('input[name="myCheck"]');
    if(checked === true){
        for(var n = 0; n < checkbox.length; n++){
            checkbox[n].checked = true;
        }//end for
    }else if(checked === false){
        for(var n = 0; n > checkbox.length; n++){
            checkbox[n].checked = false;
        }//end for
    }//end if
}

まとめ

以上が、JavaScriptでチェックボックスの全選択全解除を行う方法です。

数個だけのチェックボックスであれば一つ一つチェックを入れていっても負担にはなりませんが、チェックボックスが何十個もあり、全部にチェックが入る可能性があるのであれば「すべて選択」ボタンを用意しておいた方がユーザビリティが高まります。

広告
広告

関連する記事

サムネイル

JSでセレクト値が変更されたらフォームを送信を実行する方法【……

2024年07月02日
ユーザーがセレクトボックスの値を変更したタイミングでフォームの送信を実行するという処理を実装する機会があったので、その方法を備忘録として残しておきます。
サムネイル

JSで配列の重複チェックを行う【Setオブジェクトを利用】

2024年07月02日
JavaScriptで配列の中に重複する値が存在するか判定したい状況があり、その時に調べたことを備忘録として残しておきます。今回は単純に重複しているかどうかだけ分かればよかったので、「Setオブジェクト」を使って重複チェックを行う方法を選びました。
サムネイル

JSのkeyup・keydown・keypressの違い【キ……

2024年06月13日
JavaScriptの「keyup」「keypress」「keydown」はいずれもユーザーのキーボードイベントを処理したい時に使用します。それぞれ処理が発火するタイミングなどに違いがあるので、用途に応じた使い分けが必要です。
サムネイル

JSでテキストボックスに入力された値を即時取得する【this……

2024年06月13日
ユーザーがinputのテキストボックスに入力した値をJavaScriptを使って即時取得して処理させたい状況がありましたので、その方法を備忘録として残しておきます。
サムネイル

JavaScriptで偶数と奇数を判定する方法【テーブルの行……

2024年05月16日
ある数値が偶数か奇数かは、「数値を2で割って余りが0なら偶数」「数値を2で割って余りが0でなければ奇数」という方法で判別を行います。
サムネイル

JSで郵便番号検索を実装できるライブラリ【yubinbang……

2024年04月12日
yubinbango.jsは郵便番号検索(郵便番号を打ち込むと住所が自動入力される)機能を簡単に実装できるのライブラリです。一実装方法がとても簡単なのでメールフォームなどに手軽に郵便番号検索機能を導入したい方におすすめです。