• HOME > 
  • JavaScript > 
  • JavaScriptで偶数と奇数を判定する方法【テーブルの行...

JavaScriptで偶数と奇数を判定する方法【テーブルの行などを交互に処理する】

投稿日:

このページにはGoogleアドセンス広告とアフィリエイト広告が含まれています。

カテゴリー記事のアイキャッチ画像
広告
広告

JSで数値の偶数と奇数を判別するには?

JSで「偶数と奇数の判別」を行う機会がありましたので、その際覚えた内容を備忘録として残しておきます。

結論から言うと、ある数値に対して「数値を2で割って余りが0なら偶数」「数値を2で割って余りが0でなければ奇数」という方法で判別を行います。

偶数奇数の判別式

これを条件分岐に落とし込むと次のようになります。

JavaScrit

/*偶数の場合*/
if(number % 2 == 0){
    //処理をここに記述   
}
/*奇数の場合*/
if(number % 2 !== 0){
    //処理をここに記述   
}

JSで偶数奇数を判別してテーブルの行を色分け

ここからは、「JSでの偶数奇数を判別」を調べるきっかけとなった出来事の備忘録です。

JavaScritを使って配列のデータからテーブルを生成し、偶数番目の行に色付けしたいというという状況がありました。

目指していたのは以下のようなテーブルです。

目指すテーブルのデザイン

まずJSで配列をもとにテーブルを生成しました。

JavaScrit

var data = [
    {
        name:"東京太郎",
        phone:"03-0000-0000"
    },
    {
        name:"埼玉次郎",
        phone:"04-0000-0000"
    },
    {
        name:"千葉三郎",
        phone:"05-0000-0000"
    },
    {
        name:"神奈川四郎",
        phone:"06-0000-0000"
    },
    {
        name:"茨城五郎",
        phone:"07-0000-0000"
    },
];
var html = "";
for(var n = 0; n < data.length; n++){
    var number = Number(n) + 1;
    html += "<tr>";
    html += "<th rowspan='2'>"+ number +"</th>";
    html += "<td>"+ data[n]["name"] +"</td>";
    html += "</tr>";
    html += "<tr>";
    html += "<td>"+ data[n]["phone"] +"</td>";
    html += "</tr>";
}//end for

var testTbl = document.getElementById("testTbl");
testTbl.innerHTML = html;

あとはCSSでセルに背景色を設定するだけと思ったのですが、ここでつまづきました。

これまでテーブルの行を交互に色分けしたい時は、CSSの疑似クラスを使って「tr:nth-child(even)」や「tr:nth-child(odd)」のように指定していたのですが、この状況だと次のようになってしまいます。

CSSの疑似クラスで行を色分けする

テーブルのHTMLを見るとわかりますが、名前と電話番号を合わせて1行として扱いたくても、実際のtr要素は2行に分かれているため、電話番号のセルのみが偶数行として処理されてしまうのが原因です。

HTML

<table id="testTbl">
    <tbody>
        <tr>
            <th rowspan="2">1</th>
            <td>東京太郎</td>
        </tr>
        <tr>
            <td>03-0000-0000</td>
        </tr>
        <tr>
            <th rowspan="2">2</th>
            <td>埼玉次郎</td>
        </tr>
        <tr>
            <td>04-0000-0000</td>
        </tr>
        <tr>
            <th rowspan="2">3</th>
            <td>千葉三郎</td>
        </tr>
        <tr>
            <td>05-0000-0000</td>
        </tr>
        <tr>
            <th rowspan="2">4</th>
            <td>神奈川四郎</td>
        </tr>
        <tr>
            <td>06-0000-0000</td>
        </tr>
        <tr>
            <th rowspan="2">5</th>
            <td>茨城五郎</td>
        </tr>
        <tr>
            <td>07-0000-0000</td>
        </tr>
    </tbody>
</table>

そこでJS側で偶数行としてひとまとめに扱いたいtr要素に専用のクラスを付与して色分けするという方法にたどり着きました。

今回のテーマである「偶数と奇数の判別」を使って条件分岐を追加し、tr要素に「tr_even」というクラスを付与します。

JavaScrit

//省略
for(var n = 0; n < data.length; n++){
    var number = Number(n) + 1;
    html += "<tr ";
    if(number % 2 == 0){//偶数行の場合
        html += "class='tr_even'";//クラスを付与
    }//end if
    html += ">";
    html += "<th rowspan='2'>"+ number +"</th>";
    html += "<td>"+ data[n]["name"] +"</td>";
    html += "</tr>";
    html += "<tr ";
    if(number % 2 == 0){//偶数行の場合
        html += "class='tr_even'";//クラスを付与
    }//end if
    html += ">";
    html += "<td>"+ data[n]["phone"] +"</td>";
    html += "</tr>";
}//end for
//省略

最終的なHTMLは次のようになります。

あとはクラス「tr_even」にCSSで背景色を設定すれば完成です。

HTML

<table id="testTbl">
    <tbody>
        <tr>
            <th rowspan="2">1</th>
            <td>東京太郎</td>
        </tr>
        <tr>
            <td>03-0000-0000</td>
        </tr>
        <tr class="tr_even">
            <th rowspan="2">2</th>
            <td>埼玉次郎</td>
        </tr>
        <tr class="tr_even">
            <td>04-0000-0000</td>
        </tr>
        <tr>
            <th rowspan="2">3</th>
            <td>千葉三郎</td>
        </tr>
        <tr>
            <td>05-0000-0000</td>
        </tr>
        <tr class="tr_even">
            <th rowspan="2">4</th>
            <td>神奈川四郎</td>
        </tr>
        <tr class="tr_even">
            <td>06-0000-0000</td>
        </tr>
        <tr>
            <th rowspan="2">5</th>
            <td>茨城五郎</td>
        </tr>
        <tr>
            <td>07-0000-0000</td>
        </tr>
    </tbody>
</table>

まとめ

以上がJavaScriptで偶数と奇数を判定する方法です。

メソッドがある訳でもなく、いたってシンプルな方法ですね。Webアプリなどを作っていると使いどころはたくさんありそうなので覚えておいて損はないでしょう。

広告
広告

関連する記事

サムネイル

JSで郵便番号検索を実装できるライブラリ【yubinbang……

2024年04月12日
yubinbango.jsは郵便番号検索(郵便番号を打ち込むと住所が自動入力される)機能を簡単に実装できるのライブラリです。一実装方法がとても簡単なのでメールフォームなどに手軽に郵便番号検索機能を導入したい方におすすめです。
サムネイル

JSで特定の位置までスクロールされたら要素を固定する方法【s……

2024年04月12日
CSSのstickyのような動きをJSで実装する JavaScriptを使って、「ある要素がページ上部に当たるまでスクロールされたら、その位置でその要素を固定表 […]
サムネイル

JSで日付を表示するならtoLocaleDateString……

2024年03月15日
toLocaleDateStringは日付のフォーマットを少ないコードで簡潔に行えるメソッドです。20XX年X月X日というような年月日表示はもちろん、曜日の取得や西暦と和暦の変換まで即座に行ってくれます
サムネイル

JSで自動かな入力補完を実装できるライブラリ【jquery.……

2024年03月15日
jquery.autokana.jsは入力された日本語テキストのふりがな(フリガナ)を自動的に別の欄に入力してくれるJQueryのライブラリです。
サムネイル

JSでページ離脱時にメッセージを出す方法【beforeunl……

2024年03月15日
JavaScriptのイベントであるbeforeunloadを使えばページを離脱する前にメッセージを出して注意を促すことができます。
サムネイル

Javascriptのlightboxライブラリの使い方【画……

2023年10月01日
最終更新日:2023年09月12日
lightboxライブラリでできること Webサイトでは、ユーザーがクリックすると大きい画像が開くという表示方法が良く用いられます。 一覧では小さい画像を並べて […]