• HOME > 
  • JavaScript > 
  • JSのkeyup・keydown・keypressの違い【キ...

JSのkeyup・keydown・keypressの違い【キー入力イベント】

投稿日:

このページにはGoogleアドセンス広告とアフィリエイト広告が含まれています。

カテゴリー記事のアイキャッチ画像
広告
広告

keyup・keydown・keypressとは?

JavaScriptの「keyup」「keypress」「keydown」はいずれもユーザーのキーボードイベントを処理したい時に使用します。

それぞれ処理が発火するタイミングなどに違いがあるので、用途に応じた使い分けが必要です。

keyup・keydown・keypressの使い方

イベントリスナーとして使用する場合は以下のように記述します。例では引数に「event」を指定しているので、「event.key」で押したキーが取得されます。

JavaScript

var res1 = document.getElementById("res1");
var test = document.getElementById('test');
test.addEventListener("keyup",function(event){
    res1.innerText = event.key;
});

HTMLのinput要素などに属性として記述する場合は以下のように、「onkeyup」(もしくはonkeydownやonkeypress)というように書きます。

HTML

<input type="text" onkeyup="currentData(event)">
<script>
function currentData(event){
    console.log(event.key);
}
</script>

続いては、keyup・keydown・keypressそれぞれの挙動の違いについて確認していきます。

keyup(onkeyup)

まずはkeyupです。

keyupはユーザーがキーボードのキーを押して離したタイミングで処理が発火します。

下図のように、入力したキーの情報を即時取得したいときに適しています(後述するkeydownの挙動と比較するとわかりやすいです)。

onkeyupの挙動

また、キーを離したタイミングで発火するので、キーを押し続けている間は処理が実行されません。

onkeyupでキーを押し続けたときの挙動

上の図は、下記のようなコードで処理が発火するたびにカウントするようにし、「a」と「backspace」を押し続けているのですが、keyupがキーを離したタイミングでしか発火しないので、それぞれのキーを離した2回のみカウントされています。

JavaScript

var res1 = document.getElementById("res1");
var res2 = document.getElementById("res2");
var test = document.getElementById('test');
var count = 1;
test.addEventListener("keyup",function(event){
    res1.innerText = event.key;
    res2.innerText = count;
    count++;
});

keydown(onkeydown)

続いてはkeydownです。

keydownはユーザーがキーボードのキーを押したタイミングで処理が発火します。

下図を見てもらうとわかりやすいですが、keydownの場合は処理が発火するタイミングの違いにより、最後に入力したキー(ここでは「f」キー)が取得できていません。

onkeydownの挙動

またkeydownは、キーを押している間は処理が継続され続けるという特徴があります。

下図は先ほどと同じコードですが、キーを押し続けている間カウントが加算され続けていることがわかります。

onkeydownでキーを押し続けたときの挙動

keypress(onkeypress)

現在、keypressは非推奨になっているようです。突然ブラウザ側が非対応になる恐れもあるので使用は控えた方が良いかもしれません。

一応特徴を説明すると、keypressもkeydownと同じくキーが押されたタイミングで処理が発火します。keydownとの違いはkeypressはbackspaceキーなど文字キー以外で発火しないという点です。

onkeypressの挙動

まとめ

以上が、JavaScriptのkeyup・keydown・keypressの違いです。

微妙な違いで混同しやすいですが、処理の目的に応じて上手に使い分けていくことが必要ですね。

広告
広告

関連する記事

サムネイル

JSでセレクト値が変更されたらフォームを送信を実行する方法【……

2024年07月02日
ユーザーがセレクトボックスの値を変更したタイミングでフォームの送信を実行するという処理を実装する機会があったので、その方法を備忘録として残しておきます。
サムネイル

JSでチェックボックスの全選択全解除を行う方法【すべて選択】

2024年07月02日
フォームのチェックボックスの数が多いときにあると便利な、ワンクリックで全選択や全解除できる機能をJavaScriptで作る機会があったので、その方法を備忘録として残します。
サムネイル

JSで配列の重複チェックを行う【Setオブジェクトを利用】

2024年07月02日
JavaScriptで配列の中に重複する値が存在するか判定したい状況があり、その時に調べたことを備忘録として残しておきます。今回は単純に重複しているかどうかだけ分かればよかったので、「Setオブジェクト」を使って重複チェックを行う方法を選びました。
サムネイル

JSでテキストボックスに入力された値を即時取得する【this……

2024年06月13日
ユーザーがinputのテキストボックスに入力した値をJavaScriptを使って即時取得して処理させたい状況がありましたので、その方法を備忘録として残しておきます。
サムネイル

JavaScriptで偶数と奇数を判定する方法【テーブルの行……

2024年05月16日
ある数値が偶数か奇数かは、「数値を2で割って余りが0なら偶数」「数値を2で割って余りが0でなければ奇数」という方法で判別を行います。
サムネイル

JSで郵便番号検索を実装できるライブラリ【yubinbang……

2024年04月12日
yubinbango.jsは郵便番号検索(郵便番号を打ち込むと住所が自動入力される)機能を簡単に実装できるのライブラリです。一実装方法がとても簡単なのでメールフォームなどに手軽に郵便番号検索機能を導入したい方におすすめです。