• HOME > 
  • WordPress > 
  • ワードプレスの固定ページにPHPファイルを読み込む方法【ショ...

ワードプレスの固定ページにPHPファイルを読み込む方法【ショートコードで呼び出す】

投稿日:

このページにはGoogleアドセンス広告とアフィリエイト広告が含まれています。

カテゴリー記事のアイキャッチ画像
広告
広告

固定ページにPHPを書くには?

ワードプレスの固定ページ(投稿ページ)内にPHPを書いたり、PHPファイルを読み込ませることができたら便利ですよね。

ページ内でPHPを使った処理を行ったり、Googleアドセンスなどのコードを複数ページで使いまわせたら効率も上がります。

今回は「PHPファイルを作成して、ショートコードを使って固定ページ内に読み込ませる」という方法をご紹介します。

ショートコードなので記述は楽ですし、複数のページで同じソースコードを使いまわす場合も元のファイルはひとつなので修正も簡単です。

PHPファイルをショートコードで読み込む手順

PHPファイルを作成してアップロード⇒functions.phpでショートコード化⇒固定ページで使うという手順で行います。

テーマファイルの編集はサイトに予期せぬ不具合をもたらす恐れがあります。必ず事前にバックアップをとり、自己責任で編集してください。

ファイルの作成とアップロード

まずは、読み込ませたい内容を記述したPHPファイルを作成し、テーマフォルダ内に任意のフォルダを新規作成してアップロードします。

今回はhogehoge.phpというファイルを作り、filesフォルダを用意してアップロードしました。

以下、作成したPHPファイルに記載した内容です。(PHPだけでなく、直にHTMLを書いてもOKです)

PHP

    <?php
    echo "Hello World!";
    ?<
    <p>これはHTMLです。</p>

functions.phpでショートコードを生成

続いてはfunctions.phpへの追記です。ここでファイルを読み込んでショートコードで呼び出せるようにします。

以下のコードをfunctions.phpに記述してください。

functions.php

    //固定ページにPHPファイルを読み込むショートコードを生成
    function include_myFiles($params = array()) {
    extract(shortcode_atts(array(
    'file' => 'default'
    ), $params));
    ob_start();
    include(get_theme_root() . '/' . get_template() . "/files/$file.php");
    return ob_get_clean();
    }
    add_shortcode('sc_myFile', 'include_myFiles');

コードの解説

6行目include()で指定したパスのファイルが読み込まれます。上記は親テーマフォルダ内にアップロードしているので「get_template」を使っていますが、子テーマを使っている場合は「get_stylesheet」に書き換えてください。

9行目add_shortcode()の「sc_myFile」がショートコードに使う文字列です。他のショートコードと重複しなければ好きな文字列に変更できます。

固定ページにショートコードで読み込む

最後は、固定ページ内の読み込ませたい場所にショートコードを書けば完了です。(ブロックエディタを使用している場合はHTMLが書けるように切り替えてください)

固定ページ

    [sc_myFile file="hogehoge"]

コードの解説

ショートコード内の「file="○○"」で読み込むファイル名を指定しています。今回はhogehoge.phpなので「hogehoge」のみ記述します。

読み込むファイルはショートコードを書くときに指定するので、同じフォルダにアップロードすれば、ひとつのショートコードで異なるファイルを読み込むことが可能です。

まとめ

以上がワードプレスの固定ページにショートコードでPHPファイルを読み込む方法です。

複数のページで同じソースコードを使い回せるので覚えておくと役に立ちます。

関連する記事

サムネイル

WordPressに適したレンタルサーバーの選び方とおすすめ……

2024年02月01日
WordPressを使う際のレンタルサーバーを選ぶポイントをご紹介しますので、是非レンタルサーバー選定の参考にしてみてください。
サムネイル

【無料レンタルサーバー】XREA FreeでWordPres……

2024年02月01日
「XREA Free」は複数のレンタルサーバーを提供しているGMOグループのひとつであるGMOデジロックが提供するXREA(エクセリア)というレンタルサーバーの無料プランです。
サムネイル

WordPressが使える無料レンタルサーバーおすすめ3選【……

2024年02月01日
無料レンタルサーバーはコストを掛けずにWebサイトを運用できるのという点でとても魅力的ですが、デメリットもあるので注意が必要です。
サムネイル

レンタルサーバー不要!WordPress.comの無料プラン……

2024年02月01日
WordPress.comの無料プランを使ってWebサイトを公開する方法をご紹介します。レンタルサーバーなしでWordPress使ったWebサイトを制作・公開・運用できるという手軽さが大きな魅力のサービスです。
サムネイル

WooCommerceとは?特徴やインストール方法を解説【W……

2024年01月05日
WooCommerceはWordPress用のECサイト構築プラグインです。WordPressで作成されたWebサイトにインストールすれば、誰でも簡単にECサイト開設・運営することができます。
サムネイル

ワードプレスでページURLの一覧をCSVで取得する【Expo……

2024年01月05日
ワードプレスでは「Export All URLs」というプラグインを使うと公開中のすべてページのURL一覧を簡単にCSVファイル化することができます。
サムネイル

Welcartの商品登録を行う方法【商品画像の手順と商品マス……

2023年12月11日
WelcartはWordPressにECサイト機能を実装できるプラグインです。このページではWelcartで販売する商品を登録する方法をご紹介します。